カナダワーホリの保険はどうした?2年弱滞在した私の話

ワーホリ

どーもみなさん!ポジティブアドバイザーのうたこです😊

ワーホリ準備中の皆様はお疲れ様です✨

ワーホリ中で保険が切れそうでどうしようか悩んでいる方、是非保険は入りましょう✋

 

今回は私うたこが2年弱滞在したカナダで、滞在中に保険をどうしていたか?という実際のお話をしたいと思います✨

 

カナダにワーホリへ行く方、又はワーホリ中の方で保険について頭悩ませている方、不安いっぱいな方、読んでくださいね!

 

カナダワーホリ中に加入した保険の話

ワーホリ中の保険で悩んでいる人は現地で結構いました。

中には、「保険には入ってないよ😊」なんていう強者も結構いて、私も「保険切れちゃうけど、まぁいっか!」なんて強者達の仲間入りをしかけた時もありました笑

危なかったです。笑

結論から言いますと、保険は絶対に加入すべきです。

いつどこで、何が起こるか、そんなことは誰にもわかりません!

そして万が一何かが起こった時に保険に加入していないというのはなんともリスクが高すぎます💦

「なんでもいいので入りましょう」というのはだいぶ無責任な話になってしまいますが、必ず加入すべきな事は間違えありません。

「病気はしない方だから大丈夫!」なんていう自信がある方もいると思いますが、不死身な人はいませんし、そんな冒険はする必要がありませんよ😵

 

では、実際にうたこが加入した保険について話していきたいと思います!

出発時に日本で加入したAIU

 

私が2010年に日本を出発した時はAIUの海外留学保険に加入しました。

2018年1月にAIU損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社が統合してAIG損害保険株式会社が誕生したようです。

 

2018年1月1日、AIG損害保険株式会社が誕生しました。

AIU損害保険株式会社の71年、富士火災海上保険株式会社の99年という日本での活動の歴史の上に、皆さまとともにAIG損保の新しい歴史を築いてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

公式サイトhttps://www.aig.co.jp/sonpo/company/news/20180101_03

 

AIUの海外留学保険は大手の安心感があります😉

 

はじめての海外での長期滞在には相応しい保険だったと思います👏

実際、風邪や発熱、ぎっくり腰などで病院にかかり、何度も保険を利用しました。

 

窓口負担が無いので安心して病院にかかれましたよ😊

多くの人が利用している保険なので先方も慣れています。

ワーキングホリデー保険ならAIU

 

ワーホリ後の滞在延長で加入した保険、Medical Services Plan

1年間のワーホリのつもりが…co-opビザを使ってビザを延長したうたこ。

そうすると1年間加入していたAIUの保険が切れてしまう!!

 

そこで加入したのが現地の保険、Medical Services Planです。

どれだけの期間滞在するか確かではなかった為、日本の保険に入るよりいいのでは?と友人に提案され選びました。

 

私はこのMedical Services Planの存在は知らなくてマレーシアから来てたルームメイトに教えてもらいました!!

 

かなりリーズナブルな保険料で病院代の自己負担は無料という何とも魅力的な保険!

バンクーバーがあるブリティッシュコロンビアが提供している保険です。

 

入る為の条件は、

✔️学生ビザや就労ビザを要している

✔️滞在期間が6ヶ月以上の人

✔️就労ビザの人は一週間の労働時間が18時間以上の人

 

こんな感じです。

 

1年間の留学などの学生ビザの人は入る価値はもちろんありですし、ワーホリ中の人も入ることが出来ます!

 

この条件から考えると、日本の保険よりMedical Services Plan使うのが一番お得じゃん!って思いますよね!

しかし、申し込みの解説や申請書はブリティッシュコロンビアが運営しているサイトから確認できますがもちろん英語。

 

私は英語力ゼロで渡航しているので、渡航前の準備段階でこれらの情報収集をする力はありませんでした😵

しかも、働く場所も決まってませんし、労働時間を証明することも出来ません…

恐らく加入資格を満たしていなかったと思います…

 

なので、私のように、

✔️ワーホリからの延長で日本で加入した保険が切れてしまう

✔️ワーホリ経験1年を経て、英語でのやりとりや書類の申請に抵抗がない

 

そんな方にオススメします✋

 

肝心な保険料ですが、

私は月々75ドル支払っていました。

これで病院代の負担金ゼロならいいです。

 

なんですが!!

なんと更にお安くなったようで、2018年1月から金額が50パーセントオフになったようで、月々37.5ドル!

日本と比較すると信じられない安さですよ!

しかも日本の場合は3割は負担しなければならないのに、この保険は負担金はゼロなので驚きです!

 

日本とは異なり歯科治療は保険に含まれません!海外に行くならば、歯の治療を済ませてからってよく言いますよね。ほんとですね。

 

ブリティッシュコロンビア州の保険については公式サイトに詳しく書いています!

 

カナダワーホリの保険はどうした?のまとめ

保険は所詮保険です…入っていても使うかわからない保険…

ですが、万が一の事を考えて絶対に加入すべきです。どんな保証を付けるかは個人の価値観が大きく関わってくるところかと思いますので、うたこのアドバイスとしては、

「何かしら絶対入りましょう✋」

という所です!(笑)

保険料の違いは保険の手厚さによって変わってきますよね。

死亡時などの保証があればもちろん金額は上がります。

あなたの周りの大切な人と相談して、もしもへの備えが万全な保険に入るのか、病院にかかった時の負担だけを考えて保険を選ぶのか決めるといいと思います😊

 

 

何より、日本に残す家族の気持ちも考えましょう💭

 

あなたの留学やワーホリを応援してくれている家族、反対している家族、状況は様々かと思いますがあなたの海外生活を「心配」しているのはみんな一緒だと思うのです。

 

安心料として支払った保険料はあなたの留学やワーホリを必ずサポートしてくれます😉

 

最後までお読み頂きありがとうございました✨

 

こちらの記事も参考になれば嬉しいです✨

https://utakoenglish.com/2018/05/28/zairyu-todoke/
ワーホリ中の税金はどうするの?!日本にいなくても「住民税」は払うのか否か!
Helloみなさん😊ポジティブアドバイザーのうたこです✨「いざ、ワーホリへ!」と、ワーホリ行きを決意したあなたへのワーホリ基本シリーズです💕今回は「住民税」について💡私がワーホリ
429 Too Many Requests

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました