もしもに備えて!ワーホリに行くなら在留届は必須!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hiみなさん✨ポジティブアドバイザーのうたこです😊

いざワーホリへ!と…ワーホリ行きを決意したあなた💕

その時に忘れてはいけないこと、それは「在留届」を提出することです💡

こちらでは、

★在留届ってなに?
★誰が必要なの?
★どうやって届けるの?

等、在留届の基本をお話し致します😊

「えっ…在留届?初めて聞いた…」

という方、読んで下さいね✨

ワーホリや留学に行くことが決まった方は必須ですよ✨

もしもに備えた「在留届」って、何??

簡単に「在留届」とは、海外に移住して住所を持つ人が、その国の大使館や総領事館に「私はこの国に住んでいますよ✋」っという事を伝える届け出です✨

あまり考えたくないのですが…、

例えばあなたがワーホリで行った先の国で、「事件」に巻き込まれてしまったり…

地震などの「自然災害」に巻き込まれてしまったり…

そのような時にあなたの安否を確認する為に必要な届け出になります✨

「私はこの国にいますよ✋」っという事を伝えておいているので日本国大使館や総領事館があなたの安否を確認してくれます😊

例えば地震が起きてしまったりしたら、あなたの登録しておいた緊急連絡先であなたの無事を確認してくれます✨

日本にいる家族が、「あなたと連絡が取れない💦」と心配しているときに一役買ってくれるのです✨

「在留届」が必要なのは誰??

「在留届」の提出が必要なのは3カ月以上滞在する日本人です✨

日本人であれば義務付けられていることになりますので必ず申請しましょう💡

又、3ヵ月以内の滞在の場合でも外務省海外旅行登録「たびレジ」というシステムに是非登録しましょう✋

出国前からその国の安全情報も入手できますし、もちろん不測の事態が発生してしまった時にあなたの安否確認を行うための大切なシステムになります✨

あなたが海外に居ようが日本国籍を有するあなたの所在をしっかり管理してくれているのです✨

どうやって提出するの?

提出方法ですが、インターネットで簡単に行えます😊

「在留届」に関しては、義務ですので、お忘れなく✋

3ヵ月以上滞在、又3カ月以内滞在の2種類の渡航登録は両方とも外務省の公式サイトから行えます✨

更に、海外で引っ越しをし、住所が変更する場合は「変更届」を提出しましょう✋

大切な連絡が受け取れなくなってしまいます💦

こちらから行うことが出来ますよ💕

在留届提出|外務省公式ホームページ⇒

義務です!「在留届」のとめ◎

簡単に在留届についてまとめて参りました✨

ワーホリで海外に行けるのも、家族や身の回りの人の協力があってこそだと思います✋

そして、海外へ渡航する本人は期待でワクワクかもしれませんが日本に残された人は心配をするものです…😣

残された人の為にも忘れずに届け出をしましょうね✨

最後までお読み頂いてありがとうございました😊

ワーホリの準備、楽しんで下さいね✨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする