ワーホリから帰国後、3週間で再就職した私の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも😊ポジティブアドバイザーのうたこです✨

ワーホリに行きたいけどor行ったはいいけど、帰った後に仕事ってあるの⁉

と不安になっているあなたに、

うたこが帰国して3週間で再就職した話

をシェアしたいと思います😊

うたこは帰国した後はとりあえずゆっくりしよーなんて考えてましたが、ニート生活に耐えれず、3週間で再就職したんです✋

★ワーホリ後の再就職までの道のり
★帰国する前にしといた方が良いこと
★ワーホリ後の働き方

などなど、うたこの実体験を元にお話し致します💕

「ワーホリ後の再就職が不安だよ…」

「ワーホリ行っちゃたら、後が大変かなぁ」

なんて悩んでいる方々、読んでみて下さいね😊

ワーホリ後の再就職って無謀?!人生初めての就職活動。

よく「ワーホリ」から帰ってきても仕事がない…とか、人生プラン崩れて後悔している…なんて話をしている人がいるんです…😫

そんな風に聞いてしまうと、ワーホリ後の就職が不安で行くかどうか悩んでいる方は「えー!やっぱり辞めようかな💦」って思ってしまいますよね✋

ここで私がお話しする内容は、だいぶ前向きな話です✨

なので、「ワーホリ」から帰ってきたらまた日本で再就職したい!って方は最後まで読んで下さいね💕

ワーホリへ行ったからこそ、私は自分の望む仕事に就けた!と声を大にして言えます😊✨

でも、これはあくまでも私のケースです✋

私の隣にいるB子ちゃんは、「仕事が無くて大変…」って言ってますし、C子ちゃんも「ワーホリのせいでブランクが出来ちゃったな…」なんて嘆いております😩

でも、私は、「ワーホリのおかげで良い仕事に就けた💕」と心底思っています✨

大事な事なので何度も言います✋(笑)

では、その違いは何なのでしょうか???

違いはとっても明確なのです💡

それは…、

ワーホリ中に何を得て、何を持ち帰ってきたか…
年齢という壁

この2つがとっても大きく関わってきます。

年齢なんて関係ない💕と言いたいところですが、実際関係しますし、年齢がいくら若くてもワーホリという経験から手ぶらで帰ってくれば企業はあなたを魅力的に思わないはずです✋

主に一つ目の影響が大きいですが、「年齢」もゼロとは言えません。

再就職に必要な事は?

それでは、再就職に必要な事って何なのでしょうか??

「年齢」!!??

といっても…

20~22歳、

23歳~25歳

26歳~28歳、⇒うたこはここで再就職

29歳~31歳、

32歳以上、

これで全然違いますよね。

もちろん男女によっても異なってきます。

あっ、必要な事が「年齢」ってわけではありませんよ✋

私は採用担当ではないので…実際の詳しいところはお話しできませんが、

「正社員」にこだわるのであれば、年齢が上がれば上がるほど、難しくなるというのも事実です。

そういった年齢的な事を置いといても再就職に必要な事で共通すべきことはあります。

ワーホリという経験を評価してくれる再就職先かどうか…
英語力、会話力を生かせるのか…
海外に渡航するバイタリティを評価してくれる再就職先かどうか…

ワーホリとは関係ない全く別のフィールド、且つ学歴重視の匂いがプンプンするような場所に行ったところで、う~ん、厳しいですよね💦

「ワーホリ経験」を評価してくれる、即ち、「ワーホリ」に好意的であるという事が重要です✨

「あ~海外で遊びながら暮らすみたいなやつ?!」っとワーホリを理解してくれないような採用担当に当たってしまった時には…難しいですよね。

当たり前のことです😫

ってうたこなら、そんなこと言う人と一緒に働きたくないですけどね!

否定的発言反対✋

ですが、ワーホリから空っぽで帰ってきてしまったとしたら…そう思われても仕方ないかもしれません😩

「ワーホリ行ってきたんだ!じゃぁ英会話は得意なのかな?」

「それが全然話せないんですよー!」

これだったら、嫌ですよね💦

一緒に働く価値を伝えられません😱

あとは「外見」も大事です✨

うたこの場合、日本で就活経験がありませんでした💦

専門学校卒業後、2つの会社で正社員として働きましたが、2つの会社とも知人の紹介で採用されたのです。←こんな人もいるんです。

なので初めての「就職活動」。

そもそも就活の基本知識も無いですが、海外帰りということで、色々感覚がずれていることに気付いてなかったんです💦

履歴書に貼った写真を後から見返すと、よくこんな化粧で就活用の写真撮ったな💦っていうような異国情緒あふれる感じになってました(笑)

グローバル化の進んでいる職場だったので、採用されましたが…日本色の強いところだったら落とされててもおかしくないです💦😱

「日本で働く感覚を取り戻す」

これ、とっても大事です✋

ワーホリ中に英語力と対応力を身に着けるべき!

ワーホリに行くからには、是非「英語」を頑張るべきです✨

って当たり前ですけどね!笑

特に、会話力です💡

色々な単語を覚えたり、耳が良くなって聞き取れるようになっても、「会話力」即ち、「対応力」が無ければ意味はなしません💦

英語力に加えて、英語を使って様々な人と接しコミュニケーションを円滑に取れる対応力も身につけていれば、日本で再就職するのも怖くありませんよ✊

現地で英語を学んできた人の強みは、「会話力」「対応力」です。

うたこが実際どんなふうに会話力や対応力を身につけて来たのか…興味のある方は読んでくださいね❤

ワーホリで英語ペラペラになった方法
ワーホリへ行っても英語が出来ないって本当?! Hello everyone!!うたこです! ・ワーキングホリデーでは英語...

ワーホリ後、日本に帰国を決めたらするべき事!

日本への帰国、そして再就職を決意したあなたが帰国前にできる事は沢山あります!

帰国前にスタートをしておくと、後々ラクですよ✋

時間は有限です!積極的に作業を進めていきましょう!

こちらでは、ワーホリで身につけた「英語」を生かした仕事に就くことを前提にお話ししています✨

帰国前にしておくと良いことは、

★TOEICを受ける⇒Listening&Readingで十分、興味があればSpeaking&Writingも
★転職サイトに登録
★貯金に専念する

この3つです!

特にTOEICは必須です!

日本で英語を使った求人を探すとTOEICのスコアを表記してる所がほとんどです。

TOEICを日本に帰ってから受けよう!って思ってるとどんどんズルズルしちゃいますから、受けてから帰国することをおすすめします😊

皆さんご存知かもしれませんが、TOEICは英語が話せれば点数が取れるってものではありません✋解いてくスピードも重要なのでTOEIC対策は必須です💡

そして、転職サイトへの登録も早めに済ませておくと良いスタートがきれますよ!

あと貯金は重要です💡

すぐに就職するつもりでいても、どれだけ時間がかかるかは確かではないので💦

新しい価値観で!働き方は無限大!再就職したうたこの場合。

正社員として働く

派遣社員として働く

フリーランスとして働く

働き方は沢山あります。

現代は「正社員」にこだわらなくても十分に良い会社に巡り合える可能性が高いとうたこは思っています✋

うたこの場合…

カナダへ行き、2店舗掛け持ちでサーバー(レストランの接客)を経験しました。

そこで給料+チップで生計を立てて、10000ドル貯金して帰国しました✋

このお話しも別記事にまとめています。

カナダワーホリは貯金できるよ!私が10000ドル貯めて帰国した話❤️
どうもみなさん💕 カナダで、英語で、ワーホリで人生変わったポジティブアドバイザーのうたこです💗 ワー...

そこで感じたことは…「正社員」にこだわっていた当時の自分に対して、なんで??というか…無駄な意地だったようなー。

海外にも各々の国で様々な制度があると思います💡

正社員や派遣のようなくくりが全く無いわけではありませんが、フルタイム、パートタイムと分けるのが一般的です✋

日本にいると、「正社員」や「派遣社員=非正規社員」という概念に捉われすぎて、良い職場やチャンスを逃してしまっているような…。

うたこの場合ですけどね💦そんな風に思ったんです。

私が就職した頃に比べて、今は「正社員」の求人も増えているようですし、企業でも「副業」を認める流れになっているから、状況は変わってきていると思いますが。

うたこは帰国してすぐに「英語」「定時」「高収入」この3ワードでヒットした所に就職しました✨

この3つのキーワードは、うたこの中で、今までの経験を踏まえて絶対に譲ってはいけないキーワードでした。

ワーホリに行く前に、仕事で精神崩壊にまで至ったり、腰痛を引き起こして大変だったり…色々あったので、自分が心身ともにヘルシーに働けることが1番大事だ!と心底思っていました✨

長い拘束時間に給料も安ければ、自分を見失うものです…😢

このあたりも別記事にまとめています😊

就職してうつ病になった私が退職してワーホリへ行った前の話。
こちらではポジティブアドバイザーうたこがポジティブになるまでの様々な人生模様をお話ししています。大学受験失敗から、専門学校へ入学、就職…。その後、うつ病で退職した私が今度は「椎間板ヘルニア」になって入院したところまで綴っております✨大変そうだと思いません?(笑)

という事で、「派遣社員」というステータスではありますが、「英語」を使い、定時で月給高めの職場へと再就職したのです!

カナダで既に取得した「TOEIC」のスコアを基準にし、就職先では「英語テスト」もありましたが、リスニング&スピーキングメインのテストだったので帰国したばかりのうたこには優しいテストでした!

「派遣社員」ですと、「月給制」でなかったり「交通費」が支給されなかったり…というところも多いようですが、そのあたりは支給されるところに巡り合えましたし、月給制なので月ごとの給料の変動が残業分だけで正社員と変わらなかったので良かったです!

ボーナスや退職金が出ないのは残念なポイントですが…「月給」が高ければ結果「正社員」とあまり給与面では変わらない、むしろ、高い?!っというのがうたこが思う事です✋

長い目で見れば「正社員」の方が良い面は沢山あると思います💡

でも…

これは女性目線になってしまいますが…ワーホリから帰国し、日本の企業で長く働けるパワーがあるかも保証がないですし、結婚や妊娠で辞める可能性も高いです💦

なので、当面5~6年の事だけ考えれば「派遣社員」もありだと思っています😊

ワーホリから帰国後、再就職した私の話。まとめ◎

色々お話ししてまいりましたが…

要約しますと、

うたこが帰国3週間で再就職できた理由は、

✔年齢的にまだまだ仕事が多い歳だった
✔TOEICのスコアもとっており、スムーズに就活が出来た
✔仕事の条件が明確だった
✔ワーホリで得た英語力や対応力に自信を持っていた

このあたりでしょうか😊

「ワーホリから帰ってきても働けないよ?」

という意見が存在するのは事実ですが、ワーホリ体験を活かせない仕事であったり、スタートダッシュが悪かったり、TOEICなど英語力を証明できるものを用意できていないことが原因になることも多いと思います。

なので一概に言えません✋

事実私は満足いく仕事に就けました✨

しっかりと再就職に向けた準備や自分の方向性が整理できていればあなたを求めている職場は沢山あると思いますよ😊

心配せずにワーホリを楽しんで下さいね✨

最後までお読み頂いてありがとうございました💕

お役立ち情報

ブランクがあっても大丈夫💛求人サイトは複数登録して、見比べましょう✨

ワーホリ後の就職はエージェントが重要!未経験者OKや既卒大歓迎のところでしっかりサポートしてもらうのがスムーズな再就職に繋がります!

既卒や経験不問でもしっかり手厚いサポートをしてくれる、うたこのおすすめ求人サイトは⇒こちらから

こちらもうたこのおすすめ✨外資に強い!英語を活かした求人はJAC Recruitment✨無料でコンサルタントがサポートしてくれますよ✨

まずは「行動」あるのみです😊

何事もやるかやらないか…なんですよね😩

後々「あの時〇〇しておけば…」という後悔をしない行動を常にとることをうたこは心掛けています。

応援してます💕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする