ワーホリで国際運転免許証が必須なワケ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で、カナダで、ワーホリで、人生変わったポジティブアドバイザーのうたこです😊💕

「ワーホリ」行きを決意したあなたへのワーホリ基本シリーズ✨

今回は、「国際運転免許証」についてです💛

簡単に、「国際運転免許証」は取った方が良いですよ😊っていうお話しです✨

こちらでは、

★免許証を取ったほうが良い理由
★どうやって取るの?どこで取るの?などの基本情報

をお話し致します✨

運転しないあなたもワーホリで運転免許証が必要な理由!

ワーホリ行きの準備をしている皆さんは、「国際運転免許証」をご存知ですよね😊

海外でも運転が出来るように、日本の免許証を所有していれば発行してもらえるのです✨

あっ免停中の方はダメですよ✋(笑)

「私ペーパードライバーだから…海外では絶対運転なんかしない💦」

そんな風に思っているあなたも「国際運転免許証」は発行してからワーホリへ行くべきです!

その理由は、

身分証明書になるから✨

です💡

海外では「IDを見せて!」というシーンが結構あります!

例えば私がいたカナダでは、クラブに行くときも、バーでも、リカーストア(酒屋さん)でもしょっちゅうIDを見せろと言われていました💦

ID持っていなかったら、クラブやバーに入れてもらえないですし、お酒も変えないんです💦

私は電車に乗って街に飲みに行ったのに、ID忘れて電車に乗って取りに帰ったなんてこともありました(笑)

あっこれ若いからっていうわけでもないですよ!30過ぎてても、日本人って本当に若く見られるので普通に聞かれますし、年齢関係なくID見せてという場所もあります💡

日本であれば、日本の「運転免許証」を見せればOKだと思うんですが、日本の免許証は西暦表示ではなく昭和や平成で書かれているので海外ではIDとしても使えないんですよね😣

他の国の子は「運転免許証」で、言語は英語でなくても西暦で書かれていればIDとして使用できていました💡
バーや酒屋に行くだけの為にパスポートを持ち歩くのはめんどくさいですし、第一危険です💡
運転免許証やパスポート以外の物でIDの代用になるものもありますが、そのような場合は「2ピース見せて!」と言われますし、顔写真付きなのが基本必須です!
そういう意味で、運転はしないよー!という方であっても、国際運転免許証は発行していくべきです✨
もちろん英語で書かれていますし、顔写真もついてます!
ですが、ただの紙ですし…無くしてもパスポートより全然マシですよね😊

国際運転免許証、どこで取るの?等、基本情報。

まず、どこで取るの?というと、「警察署」です✋

場所は免許の更新を行っている「警察署」と同じで大丈夫です!

あなたが持っている免許証が発行されている都道府県ということになります。

「免許センター」でも発行を行っています😊

国際運転免許証○○県などと検索すると、警察のHPで申請の流れを確認できます✨都道府県ごとに業務を行っている警察署や免許センターが案内されています!

必ず自分の運転免許証が発行されている管轄の免許センターもしくは警察署に行く必要があります💡

加盟国は?

ジュネーブ条約加盟国で運転することが出来ます!約90カ国ほどあったはずです!(アバウトですいません💦)

私達がワーホリで訪れるような、オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・カナダなど多くの先進諸国が加盟しています💡

発行するのにいくらかかるの?

手数料は2,350円です!

まぁ安くはないですけど…高くもないですよね✨

手続きに必要な持ち物は?

〇日本の運転免許証

〇写真1枚(縦5センチメートル×横4センチメートル、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影したもの💡)

〇パスポート等の渡航を証明する書類

有効期限は?更新は出来るの?

有効期限は1年間です!

更新制度はないので、返却をし、また必要なときには再度発行します✋

発行にかかる時間は?すぐ貰えるの?

すぐに発行して欲しければ、「免許センター」へ!多少待ち時間はありますが、即日発行なのでお急ぎの場合はそちらへ。

急ぎでなければ近くの「警察署」へ。

その場合は、2週間ほどで郵送で送られてきますよ✨

ワーホリで国際運転免許証が必須なワケ!とめ◎

いかがでしたでしょうか??

「私海外で運転しないよ💦」というあなたも「国際運転免許証」を発行すべき理由がおわかりになりましたか??😊

上記にも記載しましたが、有効期限は1年間なので、出来る限り出発日が近づいたら申請するといいかもしれません😊

1つ注意点ですが、IDとしてだけではなく、「運転免許証」としても使いたいよ!という方は、国や自治体によって運転できる期間が短縮されている場合があるのです💦

その際には現地で国際運転免許証から現地の運転免許証を〇〇日以内に取得しなければならない!なんていう各々独自のルールがある場合もあるので、必ずご自分の滞在先はどうなっているかを確認してくださいね😊

では、ワーホリ準備頑張ってくださいね✨楽しいワーホリを✨

ワーホリ行きを悩んでいるのなら、まずは話を聞いてみましょう✨低予算で楽しいワーホリを実現させるにはこちらがおすすめです😊

【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする