【シンプル英語講座】5W1Hの疑問文で相手をどんどん知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、ポジティブアドバイザーのうたこです✨

今日もうたこと一緒にPositiveに英語を習得していきましょうね😍

初心者さん向けのシンプル英語講座!

毎度お話ししておりますが…

このレッスンのポイントは「シンプル」に言いたいことを伝えるというところです!

言い方は何通りもありますが、ここでは難しい話はしません✋

完全に初心者さん向けの簡単英語講座ですっ✨

まずはシンプルに考えて「英語の文章」を組み立て、使いましょう!

使わなければ自分の物にはなりません!

細かな違いなどは実際に使えるようになってきたら身についてきますから心配不要です✋

まずはシンプルにでも自分の言葉で発して相手に伝えることが重要です✨

このレッスンで特に重要視している部分は、「例文の暗記」をただするのではなく、様々な状況を想定して「自分自身で」文章を作っていきましょうね😊

シンプルに覚えて、どんどんアウトプットしますよ😊

簡単な英語表現、今回は、

「5W1Hの疑問文で相手を知ろう」

についてお話ししていきます✨

英語の5W1Hは何のこと?

そもそも5W1H、皆さんパッと出てきますか?

出てこないあなたも心配はいりません✋

今覚えれば大丈夫です✨

日本語でも重要視される場面がある5W1H。

コミュニケーションを行う場合にはとっても重要な要素です✨

もしかしたらお決まりの順番があるのかも?しれないですが…

ここでは特に気にせずに、

what| where |when |who |why|how

そう、これが5W1Hです。

Whichを加えて6W1H、How much|How manyを加えて5W2Hなんて風にも言われたりするんですって✋

確かに、whichやHow much How manyも重要な要素ですもんね💕

シンプル講座では日本文を英語文に、英語文を日本語文に…というような考え方は行いません✋

頭で他言語に置き換えて発するのではなく、こんな状況だから…どんな風に言うのか、何を言いたいのか、頭で考える時に、日本語を間に挟まずに

状況→英語

というように考えて下さいね✨

5W1Hの疑問文の作り方はシンプル!

考え方を確認したところで、実はめっちゃ簡単+超実用的な5W1Hを自分の身体に叩き込んでいきましょう✋

基本的に5W1Hは一番頭にくっつけることで文章をパワーアップさせてくれます!

5W1Hの後にどんな文章が来るかで、今の事も過去の事も未来の事も色々聞けちゃいます✨

アイスコーヒ好きなあらいぐま君とアイスコーヒーについて話してみましょう!

✔Do you like iced coffee ?

✔Yes, I do.

アイスコーヒーが好きなようですね✨

Which do you like iced coffee or hot coffee?

✔I like iced coffee better.

アイスコーヒーとホットコーヒーのどっちが好きなの?なんて風にあらいぐまくんに聞けましたね。

When do you usually drink iced coffee?

✔Well…I drink it every morning.

毎朝飲むようですね✋

✔Who do you drink iced coffee with?

誰と一緒にアイスコーヒー飲むかなんて、ちょっと聞かないですね✋(笑)

無理やりでした!

Where do you usually get the iced coffee from?

✔At starbucks.

スターバックスのアイスコーヒーを毎朝飲んでるみたいです👏

こんな風にですね、アイスコーヒー一つだけでもあらいぐま君との会話は広げていけるのです👏

Whatで作る疑問文

what?!って色々使えますね✋

✔これは何なの?

✔何の話?

✔何をするの?

✔何が好きなの?

相手に色々と質問攻めが出来ます✋

自分の中で具体的に話し相手を想定して、文章を作ってみるといいと思いますよ✨

例えば、

パートナーと一緒に今晩食事に行くことにしましょう。

今晩何を食べたい?とパートナーに聞きたいときは、

What do you want to eat for dinner?

✔Ummm…I don’t know…how about you?

決められない様子ですね…

✔What did you eat last night?

昨晩は何を食べたかを聞いても今晩の夕飯を決める参考になります✨

レストランで食事中、運ばれてきた料理の中身が何なのか気になる時、

What is inside?

✔What is included?

なんて風にも聞けますね✨

カナダにいた頃、食事に行くと、うたこの周りお友達はよく店員さんにwhat’s inside?と聞いていました✋

宗教上食べれないものがあったり、ベジタリアンやビーガンの子も多かったので✨

一度友達に「うたこは何を今食べているのか気にならないの?」なんて聞かれたことがあります(笑)

「自分でオーダーしてるし…メニュー見て頼んだし…何を気にしろと?!」って感じでした(笑)

自分が今まで生きてきて、食べているソーセージがポークソーセージなのかビーフソーセージなのかなんて気にしたことことが無くて…むしろソーセージはソーセージって思っていたというか✋(笑)

海外に行くと色々な事に気付くものです。

話は逸れましたが…What is inside?What is included?はそんなストーリーと一緒に覚えて下さいね✨

やっぱり英語→日本語に翻訳で覚えるのではなく、言いたいことのイメージをそのまま英語にするか、何かストーリと一緒に覚えるのが効果的です✨

willや be going toと組み合わせたりして未来の事もお話しできます!

とにかくWhatをはっきりクリアに言えば、

「きっと何か聞きたいんだな!」というのが通じますからね😍

Whereで作る疑問文

whereは

✔どこ?

✔どこで?

という場所を聞きたい時の専門です!

文の真ん中に置いて使う「関係代名詞」という使い方もありますが、ここではシンプルに文頭に置くヴァージョンで考えましょうね✨

トイレの場所を聞きたい時は、

✔Where is the washroom?

これは海外旅行でもよく使える基本中の基本ですね!

Where is~の後を変える事で色々な場所を聞けますからね✨

友達と待ち合わせをして行く場所を決めたい時は

✔Where do you want to go?

放課後友達とバスケをする場所を検討中です…

✔Where can we play basketball after school?

Whenで作る疑問文

✔いつ

✔時

文頭に「When」を置いて「いつ」と使えますし、「時」という使い方も出来ますよ!

久しぶりに会った友達が結婚していた時は、

✔When did you get married?

とびっくりして聞いてしまいますね💦

✔When is your birthday?

と相手の誕生日を聞いてみたり…

✔Sorry!When you called me I was busy.

友達が電話をくれたのに忙しくて出れなかった時はこんな風にも言えます。

疑問文ではない上記のような文章の時は「時」という使い方をする場合が多いです。

電話をくれた「時」ですね✋

Whoで作る疑問文

一番わかりやすいもので、

✔Who are you? でしょうか…(笑)とっても失礼で、普段は言いませんよね✋

電話で話している相手が誰かわからなかった時に

✔Who is this? なんていったりもしますね。

どちらさまですか?的な感じです💡

友達からパーティーに誘われたとしましょう!

大好きな相手が来るのか気になります…そんな時

✔Who is coming to this party?

なんて聞くと、誰がパーティに来るのか教えてくれます✨

Whyで作る疑問文

わかりやすいWhy、ずばり「なぜ」ですね。

理由を聞きたいときに、「Why?」

これ単体でも十分使えます✋

友達とエビフライが有名なお店に食事へ行ったとします!

そのお店は特大のエビフライが人気で連日行列!

やっと入れて注文すると、友達はカキフライを頼んでいました。

✔What?!Why did you choose that?

驚きのあまり、こんな言葉が出るでしょう✋

✔Because, I prefer oyster.

カキの方が好きなんですって…それだけなんですって💦

Why don’t you~のフレーズを使えば理由を聞くだけではなく提案をすることもできます✋

今週の金曜日の自分の家で開くパーティーに来ない?と提案してみましょう。

✔Why don’ t you come to the party this Friday?

Howで作る疑問文

とっても便利なhow

✔どのように

✔どれくらい

✔どんなふうに

という風に様々な意味で使えるんですが、それ以上にもっと色々な意味を持ち合わせているhow!!

お友達の家に初めて行くとき、

✔How long does it take to your home?

なんて歩きながら聞けば、家までどれくらいかかる?聞けます。

✔How far is it?

はもっと具体的な距離、という感じです。

✔How are you?

もHowから始まっていますね!あなた自身はHow?どんな感じ?気分はどう?という事です。

✔How about you?

なんて聞くと、あなたはどう?という意見を求めれますし、

✔How about going to a bar tonight?

も同様に、今夜バーに行くなんてどう?とあなたはHow?あなたはどう?どう思う?

なんていうニュアンスです。

とっても良く使えます✨

Whichで作る疑問文

5W1Hの仲間から実は外されているWhichですが、ちょこっと御紹介。

6W1Hなんて呼ばれるときもあって、そんな時には登場してきます✋

✔どっち?

2つあるもののどちら?と聞く時にwhichは使えます✨

2つだと限らない時はwhatで聞きます💡

先程あらいぐまくんにアイスコーヒーとホットコーヒーどっちがいい?って聞いたような時に使えるのです!

飛行機の中では、

✔which would you like chicken or beef?

なんかもありますね✨

細かく好みなんかを聞きたい時に

✔which do you prefer 〜?

という言い回しも使えます✨

whichは会話の中で関係代名詞としてよく登場します✋

5W1Hの疑問文で相手を知ろう、まとめ◎

いかがでしたでしょうか?

5W1Hのちょっと入口をお話ししました。

大切なのは、どう訳すのか、ではなくて、どう使うのかというイメージを大切にすることです✋

なのでこのシンプル講座ではただ「訳」を書くのではなく、皆さんに状況をイメージして貰えるように心掛けています😊

難しいことはあまり考えず、こんな風に聞きたいときはこう言うのか!というイメージを大切にしてくださいね✨

又、今回紹介した話し方は決して丁寧な言い方ではありません✋ちょっとぶっきらぼうに聞こえたり、乱雑に聞こえたりもする可能性があります。

親しい間柄ではもちろん問題ないです◎

しかし、丁寧な話し方ももちろん大事ですが、まずはシンプルに思いや意見を伝えコミュニケーションを取ることを重視してみましょう✋

コミュニケーションを取ることのベースが構築できれば、自然により「ベターな言い方」を模索し自分の物に出来ますから✨

大切な事は、


✔思いを文章にする

✔自分の口で発する・使う

✔何を言うかよりどう言うかが大切!

✔笑顔と心を忘れずに!

今回のレッスン、シンプルを心掛けていますが、ちょっと長くなってしまいました💦

最後まで参加して下さった皆さん、ありがとうございます😊✨

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする