カナダワーホリ中に旅行へ行く!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンクーバーからの旅行、おすすめは?

カナダバンクーバーにワーホリや留学、旅行なので滞在中に更に他の所へも旅行へ行けたらいいですよね!

バンクーバーの街中にはすぐに申し込める旅行サロンも沢山ありますよ!

住み慣れている人には必要ありませんが、JTBやHISのカウンターもあるので、気楽に日本語でも申し込み出来ちゃいます!

うたこも滞在中には沢山旅行へ行こう!と意気込んでおりました!

アメリカも日本から行くより近いですし、カンクンも直行便で6時間弱、カナダ国内ではナイアガラの滝には絶対!!なんて思って渡航しました♪

けど…、結果、1年8カ月の滞在中ほとんどどこも行きませんでした笑

理由は…仕事に明け暮れて貯金に必死になってしまったので、まとまった休みも取りたくなかったですし、お金も使いたくなかったからでしょう。笑

因みに、何のために貯金していたのかという具体的な目的はありませんでした!元々が貯金好きの性質があるので!笑

しかし、そんなケチなうたこでも行ったバンクーバーから低予算でいける小旅行先があるのです!

それは同じカナダのビクトリアと、アメリカのシアトルです!Yeah!!

ビクトリアは一泊二日目、シアトルは日帰りで行きましたよ★

皆様には私のようにケチケチせず色々な場所へ出かけて欲しいですが、この2箇所はアクセスもいいですし、楽しいですし、絶対に行くべき場所です!

バンクーバーからビクトリアへフェリーに揺られて…

バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリア!バンクーバーとは全く別の雰囲気を醸し出すこの街、歴史的な背景から英国を感じさせられる街並みなんです!

カナダ人からもいつか住んでみたい街に挙げられているんですって!

バンクーバーからは様々なアクセス方法がありまして、最短なのは飛行機でなんと25分!激近です!笑

他にも水上飛行機やヘリコプターあとはバスでフェリーに乗り込むなどでも行けるのですが、私は友人の車でフェリーに乗り込み、フェリーで行きましたよ!

フェリーの中ではもちろん自由に動き回れますし、私が行ったときはバンクーバーのダウンタウンのように日本人が多くなく、めっちゃ海外に来た感と旅行をしている感を楽しむことが出来ました♪

あのフェリーの気持ちよさは今でも覚えています♪

フェリーでの乗車時間は約90分ほどだったと思います。

有意義な船旅をenjoyしましたよ!

ビクトリアはこんなにも素敵な街です!

私の大好きなトリップアドバイザーさんのページを貼らせて頂くので見てみて下さいね

バンクーバーからシアトル!他国へ陸路で入国!

そしてもう1か所がアメリカのワシントン州のシアトルでっす!

カナダに来たのに、アメリカへ行ける!ラッキーって感じでした。

シアトルへも様々なツアーが組まれております。

行き方は自家用車やバス、飛行機など選べますが、私はバスで行きました!

バスでおよそ3時間弱でしたね。

陸路で他国へ入国するのが初めての体験だったのでワクワクしたことを覚えております!^^

日本のように島国出身ですと、なかなか陸路で海外へってないですよね!

アメリカへの入国は現在ESTA(電子渡航認証システム)の申請が必要ですが、陸路での入国の場合は不要です!

なので思い立ったらすぐにでも行けちゃいますよ♪

語学学校のアクテビティなどでもシアトル観光は頻繁にありました。

私は友人と個別で行きましたがツアーで行くと様々な場所に連れて行ってもらえるのでそれもいいですよね!

定番なのはシアトルアウトレットのようですが、私は行きませんでした!

買い物がしたいってより街並みをゆっくり楽しみたいという思いだったので。

ひたすら街を歩き、街の写真を沢山撮り、目的の1つであったスターバックスの1号店へも

行きました!

しかーし、スタバ1号店はその時なんと修繕工事中?でした(笑)

何かと情報収集が足りないうたこなんです…。

かなり残念!

ですが、店の前に小さな露店が出ており、グッズを販売していました。

悔しさでいっぱいだったので、これでもか!という思いで巨大なマグカップをお土産に購入しました。(笑)

シアトルについてもトリップアドバイザーさんのページを見てみてくださいね💛

きっと行きたくなる街ですよー✨

このようにバンクーバー滞在中にも低予算で行ける様々な観光地があります!

私は全然どこにも行きませんでしたが、スノボに行ったり、オーロラを見に行ったり、カナダならではバンクーバーならではの過ごし方が沢山あります!

皆さんも時間を有効に使って楽しいカナダでの滞在にしてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする